レーザー治療でニキビ跡知らず|整形治療でツルツル肌になろう

笑顔の女の人

顔の凹凸を目立たなくする

目を閉じる女の人

ニキビは顔に残るもの

ニキビは若い世代ではとくに出来やすく、思春期を代表する体の悩みの一つと言えるほど、10代では象徴的な存在です。ニキビ治療や対策になる薬品や洗顔料は多く販売されていますが、中高生のうちは買う余裕がなかったり、とにかく早くニキビをなくしたくて潰してしまう人も多くいます。その結果、酷いニキビ跡が顔に残ってしまい、深く悩んでいる人も一定数存在します。また、ニキビの度合いが酷いと、余計なことを何もしなくても跡が残るケースもあります。残ってしまったニキビ跡は、一昔前までは一生そのまま残ると言われていました。しかし、皮膚科の進歩や医療機器の進化のおかげで、今ではある段階は治療が可能になっています。ニキビ跡を薄くするにはレーザー施術が有効です。

個人差の大きい皮膚の状態

レーザー治療は、痣やほくろなど色素系の悩みや、しわやたるみの除去など、皮膚のあらゆる悩みに対応できるほど万能とも言われています。皮膚の悩みの中でも、ニキビ跡のように凹凸が出来てしまったものは特に治療が難しく、一概にすべてのニキビ跡に効果があるとは言えません。個人差も大きく、人によっては効果が見込めないケースもあることを忘れてはいけません。綺麗な肌は絶妙な皮膚の細胞の構成によってできているので、ちょっとバランスが崩れただけで凹凸や色素沈着はできてしまうものです。レーザー治療で全てうまく行くとは考えないことです。ニキビ跡をレーザーで全て消すことはできなくても、薄くなれば後はメイクで目立たなくさせることは可能です。