レーザー治療でニキビ跡知らず|整形治療でツルツル肌になろう

笑顔の女の人

治療の種類と特徴

案内

皮膚状態を改善させる手法

ニキビ跡になってしまうと自分では改善するのが難しいのですが、レーザーや光の治療を受ければ酷い症状でも良くなる可能性があります。レーザー治療はニキビ跡を治す際にもっともポピュラーな手段と言えますが、その種類は豊富で効果も様々ですので、それぞれの施術方式をよく理解した上で受けることが大切です。皮膚の表面を削るタイプは、炭酸ガスやヤグレーザーです。照射を行うことで水分の反応させ、皮膚の組織を蒸散させます。硬くなった皮膚組織をきちんと取り除くことができ、皮膚の再生に役立つ方法ですが、施術には痛みを伴いますし数日間は軟膏を塗ってメイクを控えなければなりません。フラクショナルレーザーは熱エネルギーにより肌の再生を促す方法であり、点状に照射を行いますのでダウンタイムが短くなります。

自由診療を受ける人が増加

ニキビ跡に対してレーザー治療を受けると、保険適用外になりますので高額な費用が発生します。自由診療の場合は料金設定が受ける施設によって異なりますので、事前にしっかりとしたリサーチをしておかなければなりません。今後は、肌への優しさを追求したニキビ跡治療が開発されると考えられており、よりダウンタイムの短い施術が登場するのではないかと言われています。施術後に腫れが現れたりかさぶたができてしまうと人目が気になったり日常生活に影響を与えますので、施術は計画的に受けなければなりません。しかし、施術後の影響が小さくなれば通常の生活を続けながら受けることができますので、気軽に受ける人がより増えると予想されます。